STORY

BRETON(ブルトン) が誕生するまで

日本には昔から馬肉食文化が根付いている地域がたくさんあります。九州は熊本や甲信越は長野や山梨であったり、そして東北は青森や福島であったりと。近年においてはヘルシー志向の流れもあって、日本各地で馬肉(馬刺し)を食べる機会が増えてきました。

実はその需要の大半を支えているのは海外から輸入される馬肉なのです。日本における消費量の約9割近くはその輸入馬肉によって成り立っていると言っても過言ではありません。BRETONを運営する我たちNTCデリバは、南米アルゼンチンをはじめ世界各国から馬肉を輸入し、それを自社工場で加工し、全国の飲食チェーン企業や専門店、そしてスーパーマーケット各社などと取引を行っております。

さて、なぜBRETONが誕生することになったのかについてのお話ですが、それは偶然に目にした一枚の写真からはじまりました。そこには高々と積み上げられた馬皮の山々が写っていました。そして、その馬皮の行方について尋ねてみたところ意外な答えが返ってきました。「牛皮とは違い、馬皮はすべて廃棄です」と。その時、何かそれらを活用できる道はないものかと、馬を生業とする私たち課せられた使命感のようなものを感じ、さまざまな想像とあらゆる方面への調査がはじまりました。いずれにしても何かの形にするには、まずは現地アルゼンチンにて皮から革へと鞣し変化させることが前提条件でした。

そんな状況下で模索し続けていたある日、幸いにもすべて点が1つの線として繋がる時が訪れることになります。それは一度は廃棄されかけていた馬皮に「新たな命」を吹き込むチャンスが巡ってきた瞬間でもありました。今思えば、それらはすべては偶然だったのか必然だったのかは分かりません。ただひとつ言えることは、これまでBRETONに携わって頂いたすべての方々の想いや協力がなければ、今のBRETONが誕生することはなかったということです。

アルゼンチンならではの独自の鞣し技法に、日本古来の職人技を融合させ誕生したBRETON。ひときわ存在感を放つ「名馬」に育てていきたいと考えております。

FOR A HORSE WITH NO NAME

名もなき馬のために

アルゼンチン馬革は、ジャクソン・ポロックのアクションペインティングを連想させてくれます。その表面が、無造作に白いペンキを塗りたくったように見えるからかもしれません。
実はこの味わい深い表情は、毛を処理するために手でふりかけた石灰による偶然の産物なのです。

染料や顔料で染めることなく、アルゼンチンタンナーによって施された独自の製法。同じカラー、パターン(模様)が一切存在しないアルゼンチン馬革は、個を追究した芸術的な絵画そのものです。

BRETONは様々な表情をもった「名もなき馬」です。決して名馬ではありません。
しかし、そんな「名のなき馬」だからこそ放てる輝きはあると考えております。

CRAFTSMANSHIP

BRETONと日本古来の職人技

BRETONの馬革製品は、熟練職人による技術の結晶です。そこには、日本古来の伝統技術が無数に施されています。

たとえば、Reins Knot(レインズノット)。

これは7mm幅に裁断された馬革6本を、熟練された革紐職人が手作業により1品ずつ仕上げたもの。
馬の手綱から生まれた日本古来の結びの技に通じる独自の手編み手法の1つ。
引っ張れば引っ張るほどきつく絞まる結び方は、BRETONのアイコニックな技術と言えます。
これらをアルゼンチン馬革で作られたハンドメイドの袋に編み込み、作り上げられたバックはまさに芸術品。

独特な風合いを持つアルゼンチン馬革と日本古来から伝わる様々な職人技との融合により生み出される新しい価値観は、今後BRETONの礎となり、広く愛されることを願っております。