STORY

BRETONについて

私たちNTCデリバは、馬肉専門メーカーとしてカナダ・アルゼンチンをはじめ、
世界中から輸入した馬肉に加工を施し、全国の専門店や百貨店などに卸売を行っています。

近年、馬肉はヘルシー志向の高まりと共に、年々需要が増えています。
実は馬は、食用以外にも様々な分野で活用されてます。
尻尾の毛はバイオリンなどの楽器の弓に。また脂は馬油へと精製され、石鹸やシャンプーの原料に。
そして、皮は革となり、とりわけお尻の革はコードバンという希少価値の高い革へと生まれ変わります。

ところが、私たちが馬肉を輸入している国アルゼンチンの馬皮においては、
国内はもとより国外においても、殆んど活用されていない状況にありました。
そこで馬を生業とする私たちは、何とか残された皮まで有効活用出来ないかと考え、
馬に対する畏敬の念をもって、馬肉と共に輸入することを決意しました。

その革を生かした商品を作ることにより、アルゼンチン産の馬革の良さを日本中に広めたいと考えています。
アルゼンチン独自のなめし技術による馬革に、日本のデザインと職人技を融合させることで、
長く愛される新しい価値観を提案していけると確信しています。

A HORSE WITH NO NAME

名もなき馬

アルゼンチン馬革は、ジャクソン・ポロックのアクションペインティングを連想させてくれる。
その表面が、無造作に白いペンキを塗りたくったように見えるからかもしれません。
実は、この味わい深い表情は、毛を処理するために手でふりかけた石灰による偶然の産物。

染料や顔料で染めることなく、アルゼンチンタンナー(革なめし職人)によって施された独自の製法。
同じ色、柄が一切存在しないアルゼンチン馬革は、個を追究した芸術的な絵画そのものです。

私たちはBRETONは、様々な表情をもった「名もなき馬」です。名馬ではありません。
しかし、そんな馬だからこそ出来る表現の可能性は無限にあると考えております。

CRAFTSMANSHIP

BRETONと職人技

BRETONのバッグやウォレット類は、職人たちの技術の結晶です。
大量生産される工業品ではありません。
そこには、日本の伝統技術が無数に施されています。

たとえばReins Knot(レインズノット)。

これは7mm幅に裁断された馬革6本を、熟練された革紐職人が手作業により1品ずつ仕上げたもの。
馬の手綱から生まれた日本古来の結びの技に通じる独自の手編み手法の1つ。
引っ張れば引っ張るほどきつく絞まる結び方は、BRETONのアイコニックな技術と言えます。
これらをアルゼンチン馬革で作られたハンドメイドの袋に編み込み、作り上げられたバックはまさに芸術品。

一方で、日本古来の製法を重んじる麦わら帽子職人のもとでは、5mm幅に加工したアルゼンチン馬革の革帯を、
熟練された職人の手加減で渦巻き状に縫製し、袋を形成していきます。型紙を一切使用しない新機軸の製法です。

アルゼンチン馬革と日本の職人技との融合により生み出される新しい価値観は今後、
BRETONブランドの最大の魅力、そして礎となると確信しております。